fukuist 編集室の独楽日記

首都圏から発信する福井のフリーペーパー【fukuist】(フクイスト)編集の日々をお伝えします。

◆ fukuist 編集室

福井大好きな若者たちが集まって、福井のフリーペーパー『fukuist』(フクイスト)を、2009年10月15日に創刊。 偶数月15日に発行しています。~都会に福井の風が吹く~

◆ 【第11号】110615発行

第11号表紙(小)2

◆ 【第10号】110415発行

第10号表紙(小)

◆ 【第9号】110215発行

第9号表紙(小)

◆ 【第8号】101215発行

第8号表紙(小)

◆ 【第7号】101015発行

第7号表紙(小)

◆ 【第6号】100815発行

第6号表紙ブログ用

◆ 【第5号】100615発行

20100615第5号表紙

◆ 【第4号】100415発行

第4号表紙ブログ用

◆ 【第3号】100215発行

20100215第3号表紙

◆ 【第2号】091215発行

第2号表紙(小)

◆ 【創刊号】091015発行

表紙枠ありのコピー2

◆ 月別アーカイブ

◆ 検索フォーム

◆ FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
オランダから祈りのメッセージ
オランダから日本にメッセージが届きました。

--------------------------------------------------------

皆様

去る4月3日、私の住むファルケンヴァールドの町の協会で、
日本のための追悼集会が開かれました。
教会のコーラスを初め、日本女性コーラス弥生や、箏奏者・後藤真起子さん、
サックス奏者・アド・パイネンブルグさんの演奏と、
日本への思いを語るタンゲナ鈴木由香里さんのスピーチで、
とても感動的な集まりとなりました。

予想を超える300名近くの方があつまり、オランダから共に日本へ祈りました。
集まった募金1523ユーロ(約18万円)は、日本語教会へ寄付されます。

この感動を分かち合うために、
皆さんに写真とタンゲナ由香里さんの文を転送させていただきます。

4月10日には、アイントホーベンでチャリティーコンサートを計画しています。
4月9日には、街頭募金も行われます。

オランダからの祈りが集結し、
一刻も早く大震災の被災者の方々の心に安堵の火が灯りますよう。

北ヒーリングス優美


Dear all,

On 3rd of April, a solidarity gathering was held at the charch of my town in Valkenswaard. This gathering was organized by the poeple of Valkenswaard which made it very special. The speech by Yukari Tangena-Suzuki brought tears to many people's eyes and the performance by its chuch choir, Japanese women's choir "Yoyoi", Koto played by Makiko Goto, Saxophone played by Ad Peijnenburg were well received. The donation collected on the day was 1,523 Euro. It will be donated to Japanese Christian Fellowship Church.

I would like to share this heart moving gathering with you by sending the photo of the day.

On 10th of April, a charity concert is to be held in Eindhoven. On 9th of April there will be a street donation event in Eindhoven.

May all the prayers from the Netherlands reach Japan so that the victims of the earthquake and the following disaster will find the hope once again in their hearts soon.

Kind Regards,

Masami Kita-Geerlings

20110405.jpg
Valkenswaard_for_Japan.jpg

オランダの南の端に位置し、3万人ほどが住むファルケンスワールドと
いう村で、4月3日に300人ほどの人たちが集まり、東日本大震災の
犠牲者のために、追悼音楽会が開かれ、義援金も、1,523.20ユーロが集
まった。

ほとんどの催しが、現地に住む日本人が主導で開催される中で、今回の
集まりは、現地の人々が立ち上がって、日本人のために集まるというと
てもユニークなものだった。会場では、共に犠牲者を想って祈りをささ
げ、音楽を聴きながら、自分たちの想いを日本という地球の反対側にあ
る国に馳せた。近辺に住む私たち日本人も、自分ができることをさせて
もらいたいと、さまざまなところで力をあわせて協力した。

2011年3月11日、突然日本を襲った巨大地震と津波は、海外に住む私
たちの目をインターネットテレビに釘付けにし心を麻痺させてしまった。
その後、感じた無力感と深い深い悲しみは、今までに経験したことの
無いものだった。さらに、原子力発電所の事故のためいまだにいつ
終わるともわからない、不安な思いにさらされている。

このことを通して、自分を改めて日本人と意識した者も多かった。災害
の後、メディアは競って日本人の秩序正しさと助け合いの精神を絶賛した。
これは海外に住む私たちにも大きな力を与えてくれた。

そんな中でのオランダ人たちの暖かな支援は、とりもなおさず現地に住
む私たちへの支援でもあった。画像の前でただただ嗚咽していた者を立
ち上がらせてくれた。たとえ被害に遭われた方の苦しみの一パーセント
も理解できなくても、私たちもこの方々のために何かできることはない
だろうか、という想いに駆られていった。

30年前は、私が日本人とわかると、大戦中にインドネシアの日本軍収
容所で起こった残酷な話を聞かされた。日本人が隣に引っ越してくると
言って、別のところに引っ越された人もあった。それが、今は私が日本
人だと分かると、家族は大丈夫か、と心配そうに聞いてくる。三十年の
歳月を思うと同時に、いつもは取り澄まして見えるオランダ人の思いや
りの深さ、絆を大切にする暖かな心を心行くまで感じさせてもらった。

タンゲナ鈴木由香里




関連記事
スポンサーサイト
【2011/04/05 22:36】 | 【fukuist】福井と世界の架け橋 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑

◆ カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

◆ チームfukuist

◆ 最新記事

◆ カテゴリ

【fukuist】福井と世界の架け橋 (20)
【fukuis+yle】photozine (8)
【じゃみじゃみTV】Ustream (32)
【Seeds of Hearts】チャリティ (6)
【メルマガ】フクイスト朝のお福分 (1)
【福朝~今週のお題】 (13)
<fukuist設置協力店> (9)
智_池田@ふくい (81)
sei @ paris (12)
ぐっつぁん@camera (23)
晟裕@じゃみじゃみプロデューサー (24)
まみ@ふくい (17)
MIKA@ふくい (17)
南@東京 (128)
お知らせ (39)
ジャンボスイカコンテスト (1)

◆ メールマガジン

◆ fukuis+yle

スタイルバナー枠

◆ fukuist編集室より

◆ じゃみじゃみTV

じゃみじゃみTV

◆ fukuistサポーター

◆ メディア掲載

◆ メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

◆ いろんなfukuistたち


copyright 2006-2007 fukuist 編集室の独楽日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by ダイエット.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。